TOP門別警察署の沿革・概況



 門別警察署沿革
 明治20年、沙流郡佐瑠太村(現在の日高町富川地区)に、勇払警察署佐瑠太分署が設置されたことに始まります。 
 その後、機構など幾多の変遷を経たのち、昭和23年3月、警察法の施行により、沙流郡及び新冠郡の一部を管轄する門別地区警察署として発足しました。 
 さらに、昭和29年7月、警察法の一部改正により、北海道警察に統合され、札幌方面門別警察署として現在に至っています。


 門別警察署概況
 門別警察署は、日高振興局管内の最西端に位置し、沙流郡の日高町、平取町を管轄しています。
 管轄面積は、日高町992.67平方キロメートル、平取町743.16平方キロメートル、合計1,735.83平方キロメートルで、大阪府や香川県に匹敵しますが、その約80%は山林です。人口は、日高町約13500人、平取町約5,500人、合計約19,000人です。
門別警察署の沿革・概況TOP